PCP社製『熱分解式剥離炉』

PCP社製「熱分解式剥離炉」
PCP社製「熱分解式剥離炉」

【試作・見学可能】世界先端剥離技術がボタン1つで
米国PCP社製「熱分解式剥離炉」

従来の剥離方法では、熱や摩擦力を使って塗膜を剥がすため、塗膜が発火するリスクや治具やワークの変形という問題がありました。また、専用のカゴに入れて剥離する場合、接触面の剥離品質が安定しないという課題もありました。

 

これらの課題を解決し、高い安全性と剥離品質を実現するのが、世界45ヵ国、8000台以上の導入実績をもつ米国PCP社製熱分解式剥離炉」です。

熱分解という剥離方法のメリット


熱分解とは、塗膜に熱を与え、有機物をガス化して分解し無機物(灰)にすることです。

熱分解式の剥離方法は特定の化学薬品や溶剤を使用しないため、環境に優しい剥離方法です。

 

また、塗膜をガス化して分解するため、物理的な力を加えずに剥離が可能で 治具やワークの傷つきや変形が少なく、粉体塗装後の分厚い治具の塗膜も綺麗に剥がれ、剥離後の品質を維持できます。

 

熱分解式剥離炉の特長


  • 電着塗膜、粉体塗膜等を安全に除去
  • 排水処理などの後処理不要
  • 水スプレーによる安全な温度コントロール
  • タイマーの自動運転設定で人件費と労務費を低減
  • クリーングタイム4~6時間+冷却

熱分解式剥離炉の仕様


燃料天然ガス、プロパンガス
電源110-125ボルト、50-60ヘルツ、単相、5-10A消費電流
水供給最小圧力40psi;水噴射システムの最大圧力40psi。最大流速5-7gpm(15ℓ/分間)
標準サイクル時間4-6時間に冷却時間を加える。タイマーは0-12時間調節可能で、50と60ヘルツで二重周波数の目盛盤がある(自動特性が利用可能)。
標準サイクル温度750o-800oF(399-430℃)
汚染標準最新のE.P.A標準に合致する。
安全衛生基準最新のO.S.H.A連邦基準に合致する。N.F.P.A.86に合致するように配置することができる。
保険基準ほとんどの国家と地方規約に合致する。工場主相互保険、またはIRI基準に合致するように配置することができる。

治具剥離例


熱分解式剥離炉の導入事例


米国ポリューション社製「熱分解剥離炉」を実際に導入し、効果を実感したお客様の事例はこちら!

 

 

カタログダウンロード、導入事例などは会員登録した方のみ閲覧可能となります。
リンク先へ移動後、「会員登録のご案内」がございますのでお手数ですが、会員登録がお済ではない方はそちらに沿ってご登録をお願いいたします。

試作・装置の見学可能!

熱分解式剥離炉の機能や特徴を実際にご覧いただきながら、その性能、効果を体感していただけます。

専門スタッフがご案内いたしますので、ご質問や疑問点についてもお気軽にお尋ねください。

お問い合わせ

お問い合わせ